「ハナユメ-Hanayume-」でお得に選べる結婚式場の種類

一言で結婚式場と言っても、その種類は様々です。

そして、どのようなスタイルの会場を選ぶかによって
当日迎えることになる、式・披露宴は全く違うものになります。

このページでは、「結婚式を提供している施設」の
大まかな「種類」と、どんな「雰囲気」なのかを解説していきたいと思います。

「ハナユメ」を利用して式場を選ぶ際にも、
以下の全てのコンセプトに含まれる、豊富な選択肢が用意されています。

会場とは、自分達の結婚式のコンセプトにもなるものであり

なんとなく決めてから相談するもよし

ハナユメの専門プランナーと一緒に決めていくもよし

パートナーと互いに納得できる会場を探していきましょう。

挙式のスタイル

挙式の形式には、それほど種類はありませんが
挙式にこだわりのあるカップルは、「チャペル」等と呼ばれる
「挙式を行うスペース」の雰囲気を、会場選びの際に優先することも多いです。

結婚式において何にこだわるのか

と考えた際、この「挙式スタイル」は、こだわりがある・ないの差が
非常に大きく出る要素であり、会場選びの肝になる場合もあります。

キリスト教式

「結婚式」と聞いて、真っ先に想像するイメージが
恐らくこの形式であり、最も選ぶカップルが多い形式になります。

キリスト教徒の「牧師(神父)」が取り仕切るスタイルであり
ホテル内に「簡易的」なチャペルを設けている会場から
本格的な教会が併設されている会場まで様々です。

会場によって、施設の雰囲気や規模に大きな差がある部分です。

神前式

日本の・和の結婚式スタイルであり、「神社」で挙げることになります。

「司祭(神主)」が進行役となって、進行されます。

一時は、圧倒的に「キリスト教式」が多かった挙式スタイルですが
日本人ならではの式ということで、この「神前式」は近年増加傾向にあります。

披露宴まで提供している神社は非常に少なく、
挙式後は、別の会場に移動してからの披露宴になります。

挙式を挙げる神社を決めてから、披露宴会場を選ぶことが多く
「外式」を認めてくれる会場かどうかも、判断基準になってきます。

外式の場合には、挙式と披露宴の会場を別々に選べるため
より”特別感”を味わうことができますが、移動手段等も考慮しないとなりません。

そのため、段取りを組む手間が少し増えることになります。

人前式

宗教に捕らわれず、「ゲスト(人)の前で誓いを立てる」というコンセプトであり
「牧師」「司祭(神主)」といった、”堅苦しい”進行役はおらず
披露宴の司会者の方に、そのまま進行をお願いすることが多いです。

特に決まった形式はなく、

  • 指輪交換
  • ベールアップ
  • 誓いのキス

といった「お決まり」意外は、好きに変えることもでき
また、これらの「お決まり」も「カット」することができます。

あくまで「お互いのパートナー」を「お互いのゲスト」に紹介し
ゲストの方々に、結婚を認めてもらうというコンセプトになります。

披露宴会場のスタイル

「日本の結婚式」は、挙式(婚姻の儀式)よりも
1日を通しての「お祭り騒ぎ」の「雰囲気」を重要視することが多く、
その中心である「披露宴」を提供する、「施設」が非常に重要になってきます。

「挙式スタイル」よりも、はるかに考慮する要素が多く
「式場選び」というのは「会場施設選び」という意味でもあるはずです。

ホテル

一昔前は、結婚式はホテルで挙げることが”当たり前”でしたが
今では「地味な印象」を持っているカップルも多く、
その他のコンセプトの会場に、客を奪われる時期が続きました。

しかし、最近では「客足」が戻ってきており「正統的な」結婚式
求めているカップルを中心に、見直されてきています。

専門会場(ゲストハウス)

”ホテルウェディングが当たり前”の時代の次には
「専門式場」と呼ばれる、結婚式を専門に行うための施設が誕生しました。

「バブル」の時代とも重なり、一大ブームとなりましす。

「ホテルは古い!これからは専門施設で!!」という状況がしばらく続きました。
(今は決してそんなことはなく、オシャレなホテルウェディングはたくさんああります。)

今でこそ、どのコンセプトの会場も人気が割れている状態ですが
それもやはり「一歩先の」結婚式を提供しており
新しい「演出」を真っ先に提供し始めるのは、この「専門式場」です。

ここ数年ブームになっている、「ゲストハウス会場」に関しても
結婚式のために作られた、専門式場の一部とも言えます。

レストラン

最も最近流行っている結婚式のスタイルが、「レストランウェディング」であり
カジュアルで”形式ばっていない”ことが特徴です。

費用を抑えることができ、選択するカップルが増加しているスタイルでもあります。

「演出が限られてしまう」

「派手なことはできない」

といった制約もありますが、あくまで「披露」を目的として
ゲストと近い、アットホームな結婚式を求めるカップルにおすすめのスタイルです。

 


結婚式・ブライダルランキング