「ホテル会場」で披露宴を開きたい

「ホテルウェディング」と呼ばれる、ホテルでの結婚式は
日本においては、非常に”スタンダード”なスタイルと言えます。

戦後から、徐々に現在のような結婚式のスタイルが確立してきましたが
その過程では「結婚式といえばホテル」ということが”当たり前”でした。

しかし、バブル以降「専門式場ブーム」があり

更に昨今の「ゲストハウスブーム」というものが訪れ

その結果、「ホテルウェディングは古い」というイメージが
徐々に広まっていってしまうことになります。

再度見直される「ホテルウェディング」

しかし、最近では「ホテルウェディング」が見直されている傾向があります。

「専門式場」や「ゲストハウス」での結婚式に出席した結果
「賑やかなのは疲れる」というカップルが増えたこと

また、ホテル自体が「専門式場」に近いサービスや
オプションを取り入れ始めた結果として

”ホテルと専門式場で迷っている”という層が、ホテルに流れてきているようです。

ホテルウェディングのメリット

サービス(接客)の質が最も高い

やはり結婚式を提供している、その他の会場に比べ
「サービス」の質は、最も高いものになります。

レストランや専門式場の場合、当日のおもてなしに関して
専門の訓練を受けていない「アルバイト」が行う場合もあります。

一方で、ホテル接客にプロである「ホテルマン」が行い
アルバイトであっても、一通り・ある程度の研修を受けた
質を満たしている接客となるため、はっきり言って品質に大きな差があります。

結婚式当日は、たくさんのゲストの方が訪れ
それぞれの「お預かり品」や、1人1人への料理の配膳があります。

「接客」は、決して軽視してはいけない要素になります。

落ち着いた時間を過ごせる

ホテル自体の雰囲気も影響してきますが
やはり、その他のスタイルの式場と違い
「ゆったり」と1日が進行していきます。

「専門会場」等で、内容を「詰め込み過ぎてしまった」場合
急かされたり、満足したサービスを受けられない場合もあります。

その点ホテルであれば、1つ1つのスケジュールを
「計算して」進行してくれるため「焦る」ということが少ない傾向があります。

ホテルウェディングの「デメリット」

オプションの選択肢が少ない

やはり専門の会場に比べる、「オプション」の選択肢が狭く
また「新しい流行」の導入も遅い傾向があります。

それは「演出の種類」や、細かい装飾なども含まれます。

ただし、極端に不足しているわけではないため
「演出はスタンダードでいい」というカップルであれば、問題ありません。

またこの部分に関しても、改善しようとしている会場も多いため
プランナーさんと相談することによって、できることも増えるはずです。

一般のお客さんも多い

ホテルが本来提供しているサービスとしては
やはり「宿泊」や「会議」といったものになります。

そのため結婚式当日も、そういった「結婚式目当てでない」
他のお客さんが、ホテル内にたくさんいることもあります。

「そういったことは別に気にしない」ということであれば、問題ないはずですが
「自分達だけの時間を過ごしたい」というカップルは、注意が必要なポイントです。。

「ホテルウェディング」がおすすめのカップル

「ホテルウェディング」をおすすめできるカップルとして

・質の高いおもてなしをしたい

・落ち着いた時間・スタンダードな式にしたい

・ちょっと「古い」価値観のゲストが多い(年配のゲストの方が多い)

これらの特徴にあてはまるカップルは、ぜひ検討してみてください。