「レストラン」で披露宴を開きたい

「最近の結婚式場選び」の傾向・流行として「レストラン」における
「レストランウェディング」のスタイルが流行っています。

これは「ゲストハウスウェディング」の次のトレンドとも言えるものであります。

「ゲストハウス」のメリットである「ゲストとの近さ」と、
費用を「リーズナブル」に抑えられる点で、人気を集めているようです。

実は”今時”のコンセプト

「レストランウェディング」は、現代のカップルの事情・リクエストを
非常に大きく反映した・マッチングした「カジュアルな結婚式」の形になります。

その「現代の需要」とは

  • 低価格
  • カジュアル
  • ゲスト目線

であり、これらを求めるカップルには”ハズさない”要素が詰まっています。

「レストランウェディング」のメリット

圧倒的に低価格

何と言っても、最も大きなメリットは「総費用」です。

他のコンセプトの会場に比べ「10万単位」はもちろん、
場合によっては、「100万円」レベルで
低く抑えることができる点です。

一般的な結婚式場の場合、

  • チャペル使用料
  • 会場使用料
  • サービス料
  • テーブルクロス代

・・・etc

といった「いちいち」お金を取られることが多いですが
そういった費用に関して、裁量は”そのレストラン次第”になります。

会場によって取る・取らないで、費用が大きく変わる場合もありますが
基本的には「比較的」低価格で抑えられるはずです。

料理が美味しい

やはり「レストラン」であることから「料理」には期待できます。

「美味しくて当たり前」であり、グルメなゲストも問題ありません。

会場側としても、最も力を入れている部分であり
「会場見学」の際の「試食」も楽しみなポイントになります。

アットホームな空間と時間

ゲストとの距離に関して、場合によっては
「ゲストハウスウェディング」以上に近づける会場もあり
一緒に時間を楽しむ「アットホームな雰囲気」の中過ごすことができます。

「レストランウェディング」のデメリット

演出・オプションが限られる

会場の設備上、他のコンセプトの結婚式に比べて
演出やオプションが限られることが最大のデメリットです。

あくまで「食事」をメインに提供している施設であり
そういった部分を求めることが出来ない現実があります。

しかし「地味カジュアル」と言われているようなトレンドの中
「派手さは求めない」のであれば、問題ないはずです。

準備がスムーズにいかない場合も

最近では「ウェディングプランナー」を抱えている会場もありますが
”本職”ではない場合もあり、準備の段取りが悪いケースもあります。

「プランナーに任せきり」ではなく、<一緒に作っていく>という
前向きな気持ちが他の会場よりも必要になります。

しかし、それは当たり前のことでもあり

「全部やってくれて当たり前」

という気持ちでは「いい結婚式」は作ることはできません。

関わった人全てと、思い出が作れることが
「レストランウェディング」の魅力でもあります。

「レストランウェディング」に向いているカップル

「レストランウェディング」をおすすめできるカップルとして、

  • 「食事会」に近いものを楽しみたい
  • 特に派手な演出は望んでいない
  • 低予算でなんとかしたい

これらの特徴にあてはまるカップルは、ぜひ検討してみてください。

ノンアダルトチャットレディは「ライブでゴーゴー」がおすすめ