結婚式はどれくらい赤字になるものなの?~想定しておくべき自己負担額~

結婚式を挙げるための計画を立てる際に、最も気になることが「費用」だと思いますが
更に突っ込んで考えた時には、それが「自己負担額の不安」になると思われます。

その運営費用を、参加するゲストからいただく
「ご祝儀」によって賄う日本の結婚式は賛否両論ありますが
自分がゲストとなった際に、同じように負担することで
「もちつ、もたれず」といった、1つの文化を築いてきました。

ただし、そのご祝儀の総額を完全に予想することはできず
それはつまり、自己負担額の予想ができないことであり・・・
これこそが、費用面に関して不安になってしまう本質と言えるはずです。

しかしながら、現代はそういった不安が簡単に解消できる方法のある時代であり
「自己負担額は、いくらになるんだろう・・・」という不安を持ったカップルが
結婚式を挙げることを、決断しやすい環境が整っています。

自己負担額を予想しやすい結婚式の挙げ方

現代の結婚式は、非常に”あけすけ”になっている傾向があります。

それはもちろん、その「費用」に関する内容です。

と言っても、それは非常に簡単なことでもあります。

結婚式の総費用-ご祝儀の額イコール自己負担額

これは非常に単純な考え方であり、多くのカップルが自分達が呼ぶゲストの数に
「3(最も多いゲストが払うご祝儀の額)」をかけたことがあるはずです。

つまり60人であれば180万円、80人であれば240万円・・・

最低でも(3万円以上払ってくださる方はいる)
これだけは、ゲストの方が負担してくれることになります。

しかしながら、不安の本質は「総費用」が最初に分からないことにあります。

まず必要な「絶対値」が分からないことには、
「ご祝儀を引いた額(自己負担額)」が分かりません。

そして、この問題を解決するための方法こそが
現在の結婚式の”分かりやすさ”を利用した、

  • 最初に総費用を知る(設定する)
  • 最初にご祝儀を設定し、その範囲内で納める

この2つから、選ぶことができます。

総額を”最初に”決めておく

まず1つ目の方法として、結婚式にかかる総額を”限定”することで
「最大自己負担額」も、制限することができます。

例として、「250万円」の内容で組んだ場合

60人を呼ぶとすれば・・・

250-60×3=70万円

80人を呼ぶとすれば・・・

250-80×3=10万円

以上の額が、自己負担となる最大の金額となります。

「会費制」は一番分かりやすいシステム

そして、現在徐々に増えてきている結婚式の新たなシステムが
「会費制」であり、ゲストが支払う金額を一定にすることで
「いただける総費用」を最初に設定しておくことができ
それによって、”いくらに抑えればいいのか”が分かるということになります。

これは、自己負担ができる金額まで増やすこともできるということであり
決められた予算の中で、内容を組み立てるために最も適していると考えられます。

定額制

会員制

これらは、ひと昔前であれば”いろいろな意味でタブー”と言える考え方でしたが
現在では多くの式場・仲介サービス・プロデュース会社が採用している方法です。

やはり「不安の解消」というのは、非常に重要と考えられた結果でもあります。

その中でも、パック制・定額制といった内容を採用している「ハナユメ」
以上の2つを提案した会社であり、金額面の相談がしやすい会社です。